2週間で痩せる!炭水化物抜きダイエット

糖質が多い炭水化物を徹底的にカットして短期で痩せる方法 - 炭水化物の働きとは?

炭水化物の働きとは?

では、炭水化物にはどのような働きがあるのか? というところですが、その前に毎日摂取する栄養はどのような働きがあるのか? というと、大きくは3つの働きがあります。それらは「体を魚貸す働き」、「体を調整する働き」、「体を作る働き」です。栄養素にもよりますが、1つの栄養素は単に1つの働きだけを持っているw家でもなくて、さまざまな働きをしてくれるのです。たとえば、ビタミンCの効果は良く知られたところで、さまざまな食品で活用されています。ビタミンCには抗ストレス効果、コラーゲンの吸収促進効果などさまざまな効果があります。ビタミンCの場合には、40以上の体への良い効果が発見されています。きっと今後も発見されるのではないでしょうか。さて、いずれの栄養素にもこうした体への働きがあるのです。炭水化物も同様です。炭水化物の場合には主に体を動かすエネルギーになるものです。炭水化物というのは、糖質と食物繊維の総称です。主に炭水化物は脳や神経の系統のエネルギー源になるものです。とても重要な働きをするものですが、多くとりすぎると肥満の原因となってしまいます。というのは、炭水化物は体に貯蔵されるエネルギーでもあるからです。

どうして炭水化物を抜くと痩せるの?

ご飯1膳では、約220kcalのエネルギーが摂取できる訳ですが、栄養成分としてはご飯の場合には炭水化物の摂取がメインになります。炭水化物というのは、糖質と食物繊維に分けられる訳ですが、食物繊維自体はエネルギーにはなりません。体への働きはあるものの、他の栄養成分とhあ少し働きが異なっています。他方、糖質の方は体内ですぐに吸収されることから人間が活動する上では、大切なエネルギー源となるのです。特に、炭水化物の糖質は脳や神経系統のエネルギーとして有効です。他の糖質以外ではエネルギーにはならないのです。つまり簡単には、糖質が不足すると脳の回転が悪くなるということです。エネルギー不足で機能が低下してしまうのです。ダイエットサプリ Dスリムなどでも糖質や脂質をカットすることは可能ですが、基本的にも食事でも糖質や脂質はカットする事をオススメしています。このため、やはり炭水化物もたいせつな栄養素の1つなのです。ただ、大切な炭水化物ですが、摂取のしすぎは禁物です。というのは、糖質は余計に摂取すると体に溜まりやすいのが特徴です。つまりは脂肪に変化します。これは肥満の原因です。特に砂糖や果物に含まれている糖質は脂肪に変わりやすいという特徴がありますので、尚更取り過ぎには注意したいところです。ダイエットの基本的名ところとしては、「余計な脂肪を落とす」というところなので、脂肪を消費して、余計な脂肪を取り過ぎないように食生活を工夫したり、運動をしたりの生活の改善が必要になります。また、炭水化物は一例ですが、それぞれの栄養にも着目していきましょう。

Copyright(C)2014 2週間で痩せる!炭水化物抜きダイエット All Rights Reserved.